ネット通販で必要不可欠!特定商取引法ページと書き方例

万年筆

通販やネットショップの数は年々増えてきていますが、気をつけておきたいのが、「特定商取引法に基づく記載」ページをしっかりと自社サイトに明記しておくこと。

基本中の基本のことではありますが、万が一ページに特商法の記載を失念してしまった場合、問題が起こってしまっても文句は言えません。ただ、特定商取引法は内容を完全に理解するのは難しく、また「どうやって書いたらいいか分からない」と思われる方も多いと思います。

そこで今回は特定商取引法の書き方例をご紹介いたします。

特定商取引法とは?

特定商取引法はネット通販を含む通信販売を行う際に、販売者と消費者の間で勘違いが起き大きなトラブルに発展しないようにするための最低限の法的ルールです。

一般的には消費者保護の法律とされていますが、販売者側が特定商取引法をきちんと理解し、サイト上に明記して運営することで、消費者であるお客様とのトラブルも避けられ、スムーズな運営を行うことに繋がります。

ネット通販の場合には、特定商取引法に関する項目を1つのページにまとめて記載する必要があります。

特定商取引法に基づく記載

  1. 販売価格(送料についても表示が必要です。)
  2. 代金の支払い時期、方法
  3. 商品の引渡時期
  4. 商品の売買契約の申込みの撤回又は解除に関する事項(返品の特約がある場合はその旨も記載します。)
  5. 事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
  6. 法人代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名(個人事業主は本名で。ビジネスネームはNG)
  7. 申込みの有効期限があるときには、その期限
  8. 販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額
  9. 商品に隠れた瑕疵がある場合に、販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
  10. ソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
  11. 商品の販売数量の制限等、特別な販売条件があるときには、その内容
  12. 請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
  13. 電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

引用元:特定商取引法ガイド

ちょっと複雑そうに思える特定商取引法に関する記載ですが下記を見てもらえれば、すんなり理解してもらえると思います。
それでは、ここからはそれぞれの項目を1つずつ解説していきます。

販売価格

販売価格は各商品ページに記載するようにしましょう。
特定商取引法のページには「各商品ページをご参照下さい」と記載しておけばオッケーです。

送料に関しては特定商取引法のページで明記する必要があります。
送付先のエリアにより送料が異なる場合や、一定金額以上の注文で送料無料になる場合などは記載しましょう。

代金の支払い時期、方法

代金の支払期限は各決済方法により異なるため、運営しているネットショップが対応している決済方法ごとに支払期限を明記する必要があります。

銀行振込は申込の有効期限と同じくなるはずですし、代引きは商品の引き渡し時になります。
当たり前のことではありますが、ここもきちんと明記するようにしましょう。

また銀行振込やコンビニ決済などの販売者側で支払期限を設定できる場合は、常識の範囲内で自由に設定することができます。
在庫を潤沢に持っている商品であれば良いのですが、数量に限りがある商品の場合には注文が入った商品はそのお客さんのために確保して、他のお客さんからの注文が入らないようにする必要が出てきます。

最終的にお客さんから支払いがされないケースも考えると、場合によっては販売できない期間が生じてしまう恐れもあるため7日以内くらいに設定することをお勧めします。

商品の引渡時期

厳密な引き渡し時期は運送会社にもよるため、発送時期を記載するようにしましょう。

また発送時期には多少の幅を持たせても問題ありません。
例えば「お取り寄せ商品のため、7~10日で発送致します」と言った感じです。

商品の売買契約の申込みの撤回又は解除に関する事項

注文確定後に、キャンセルや返品ができるかどうかを記載するようにしましょう。

例えば運営者の方針として自由に返品ができるようにするケースもあるでしょう。
それとは逆に注文確定後のキャンセルや返品を受け付けないのであれば、そのことを記載します。

もし返品を可能にする場合では「商品到着後〇〇日以内、未開封に限り返品可能です。」などの条件も明記する必要があります。
その際の返品送料は販売者負担なのか、購入者負担なのかも忘れずに記載しましょう。

上記の返品に関する記載を行っていない場合には、原則として商品到着後8日以内であれば、商品を返品可能としていて、この場合送料は購入者が負担することが特定商取引法にて義務付けられています。

きちんと明記をしておくことで後々のトラブルも避けれるはずです。

余談となりますが、ネット通販ではクーリングオフは対象外となります。
どうしてもというお客さんには対応してあげるのも一つの方法ですが、必ず返品を受け付ける必要があるわけではありません。

そもそもクーリングオフは訪問販売などの押し売りに対して、消費者を守るための法律です。
自分の意志で購入するネット通販は対象から外れます。
詳しくはネット通販ではクーリングオフはできないの!?でも記載しています。
ご興味のある方は是非ご一読ください。

事業者の氏名(名称)、住所、電話番号

法人の場合は会社名、所在地、電話番号を記載します。
個人事業主の場合は屋号を記載します。
法人の場合にネットショップの屋号を記載するのはNGです。きちんと登記通りの名称を記載しましょう。

法人代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名

法人の代表者でも事業責任者でも、どちらを記載しても大丈夫です。
一般的には代表者を記載しているケースが多いように思います。

大手の通販サイト、例えばアマゾンやゾゾタウンでも代表者の名前で記載がされています。

また法的な責任の所在を明記する箇所ですので、個人事業主の場合は必ず本名で記載しましょう。
たまに質問をされますがビジネスネームはNGです。

申込みの有効期限があるときには、その期限

上記で説明した通り、支払がされないのにいつまでも商品を確保しておくのはリスクがありますので申込期限を設定しましょう。

書き方としては「ご注文後、7日以内にお願い致します。7日間以内に入金確認が取れない場合は、キャンセルとさせていただきます。」と言った具合です。

販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額

ネット通販の場合に発生する費用としては銀行振込の手数料やコンビニ決済手数料、代引き手数料になります。

銀行振込の場合は利用する銀行や単価により手数料が異なりますので金額の明記は必要ありませんが、お客様負担に設定するのであれば、そのことを記載しましょう。
代引きの手数料のように事前に販売者側で設定できるものは、その具体的な金額を明記してトラブルを避けましょう。

商品に隠れた瑕疵がある場合に、販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容

販売した商品が不良だった際にどのように対応するのかということを記載します。

一般的な商品の販売であれば「お届けした商品が不良品であった場合、至急同一商品と交換対応をさせていただきます。交換可能な在庫がない場合には、ご返金にてご対応させていただきます。」と記載すれば問題ありません。

ソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境

ソフトウェアを販売する場合には、どの環境であれば問題なく使用できるかを明記する必要があります。
例えばパソコンで使用するソフトウェアを販売している場合には下記のようになります。

[windows] 対応OS: Windows 10 Home/10 Pro/10 Enterprise/10 Education/8.1/7(SP1以上)/Vista(SP2以上) ※64ビット版Windowsでは、ATOK以外は32ビット互換モード(WOW64)で動作。※Windows 10/8.1では、ATOK以外はデスクトップ上で動作
HDD: 2.8GB以上
メディア: DVD-ROM

商品の販売数量の制限等、特別な販売条件があるときには、その内容

特別な販売条件がある際に記載します。
一般的にはあまり特記されるケースは少ないですが、数量限定商品がある場合や、一つの契約につき、一つしか購入できないような商品やサービスの場合には記載する必要があります。

請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額

商品以外でカタログ等が有料の場合は、その費用及び送料がかかる場合には記載します。
一般的にこの項目を記載している会社は少ないですが消費者保護の観点から、無料だと思って請求したら有料だったということを避けるため、事前に明記する義務付けがされているようです。

電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

多少、複雑な表記となっていますが要はメールマガジンを送る際のアドレスを表示する義務がありますよ、ということです。

但し、お客さん側でメールマガジンの請求及び、承諾をしていないのにも関わらずメールマガジンを送信した場合や、消費者がメールマガジンの提供を拒否しているのにも関わらず送信した場合は犯罪となってしまいますので注意が必要です。

書き方の例(適宜修正してお使い下さい)

こちらでは書き方の例をご紹介しておきます。◯◯やxxxの部分を適宜ご自身用にアレンジしてお使い下さい。

販売業者名お ○○株式会社
代表責任者名 通販太郎
所在地 〒○○○―○○○○
東京都○○区○○ ○丁目○番○号
電話番号 03-○○○○―○○○○
電話受付時間 10:00~18:00
メールアドレス xxxx@xxxxx.co.jp
ホームページURL http://www.xxxxxxx.co.jp
販売価格 各商品ページをご参照下さい。
商品代金以外の必要料金
  • 送料(全国一律630円。商品5,000円以上の購入で送料無料。)
  • 銀行振込の場合、振込手数料
  • コンビニ決済の場合、コンビニ決済手数料
  • 代引きの場合は、一律324円
お支払方法 銀行振込、コンビニ決済、代引き、クレジットカード
お支払い期限 銀行振込・・・ご注文後7日以内にお支払いください。
代引き・・・商品お受け取り時に配達業者にお支払いいただきます。
コンビニ決済・・・ご注文から3日以内にお支払いいただきます。
クレジットカード・・・ご利用のクレジットカードの締め日や契約内容により異なります。ご利用されるカード会社までお問い合わせください。
お届け時期 入金確認後、翌営業日に商品を発送致します。
お申込みの有効期限 ご注文後、7日以内にお願い致します。
7日間以内に入金確認が取れない場合は、キャンセルとさせていただきます。
返品・交換・キャンセル等 注文確定後の返品・交換及びキャンセルはお受け致し兼ねます。
お届けした商品が不良品であった場合、至急同一商品と交換対応をさせていただきます。交換可能な在庫がない場合には、ご返金にてご対応させていただきます。
コンビニ決済を利用された場合、コンビニ店頭での返金は致しません。
返品期限 不良品の場合は商品到着後7日以内に問い合わせフォームよりメールをお送りください。
期限を過ぎました返品はお受けいたしかねます。 
返品送料 商品不良及び異なる商品が届いた際には、弊社にて送料を負担致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です