季節イベントで「今すぐ」集客するネットショップの販促スケジュールを決めよう!

sche

ネットショップを運営する中でクリスマスやバレンタインデー、母の日などのイベントを開催することで普段よりも大きな売上を作れるチャンスが眠っています。

イベントを開催することで新規のお客さんの獲得や、既存のお客さんに対して定期的にアプローチするきっかけにもなります。

但し、少なからず事前に準備をしておかないと企画倒れになってしまうことにもなりかねません。
あなたのネットショップと相性が良いイベントはどのイベントなのか、予め把握しておきましょう。
商品特性や顧客層とあったイベントは、積極的に開催をすることをオススメします。

下記の年間イベントスケジュールを参考にして、事前の準備にお役立てください。

1月

初売りセール

新年明けてすぐのイベントと言えば初売りセールです。
お得感がある商品を前面に押し出して新規ユーザーを獲得をする絶好の機会です。

例えば、冬物商品大量に仕入れすぎてしまい早く捌きたい場合や、人気商品かつ利益率が高い商品があれば期間限定で目玉商品として大々的にアピールするのも一つの策です。

お客さんにとっては、いつでも売っている商品ではなく、今だけ限定のお得な商品を探しに来ていることが想定できるので、お得感のある商品を打ち出して、今後リピーターになってもらえる施策を考えましょう。

福袋

そもそも福袋は七福神の一人である大黒天様が米俵や打ち出の小槌と一緒に持っている大きな袋のことを呼びます。
この袋の中には大判、小判がザックザクという訳ではなく、幸運や幸福などが入っています。
大黒天様が来ると、その福袋から福を分け与えてくれると言われています。

つまり福袋は、かなり縁起の良いゲン担ぎも含めたイベントということです。
中身が見えない福袋だからこそ、手元に商品が届くまで中身が気になりドキドキしているはずです。
そのお客さんをガッカリさせない商品を取りそろえて、リピーターになってもらう最初のフックとして福袋イベントを活用するのも良いでしょう。

最近では「ネタバレ福袋」として、中身があらかじめ分かって購入できるものもあります。
海外でも福袋は発売され、「ラッキーバッグ」というネーミングで売り出されているようです。 

2月

バレンタインデー

2月のメインイベントは、やっぱり2月14日のバレンタインデー!

日本でバレンタインデーと言えば女性から男性へチョコレートをあげる日だという認識が浸透しているかもしれません。
学生時代には女性からチョコレートが渡されるのを今か今かと待っていたばかりに、ただ話しかけれただけなのにドギマギしていました。

しかし、これは世界的には例外的です。
海外では男性から女性にプレゼントを贈るか、プレゼントを交換する日で、一方的に女性がプレゼントを贈るのは日本だけです。

女性から男性へは勿論、女性同士のプレゼント交換需要も増えてきており、男性から女性へプレゼントを贈るのもアリな時代へ変化してきています。

バレンタインシーズンはチョコレート需要だけではなく、ちょっとした雑貨やネクタイなどの小物の需要も大きく膨らむ時期です。
もしかすると、あなたの商品にも勝機のチャンスは眠っているかもしれません。

3月

ホワイトデー

3月14日はバレンタインのお返しに、男性から女性へプレゼントを贈る日です。
そう考えると女性向けのアイテムを取り扱っているネットショップは、このホワイトデーをうまく活用したいですね。

どのようなラッピングが対応しているのか、メッセージカードがつけられるのか等、あなたのネットショップで対応しているサービスはわかりやすいところに明記しておきましょう。

卒業・退職シーズン

3月は卒業や退職が増える時期です。
今までお世話になった方々に、感謝の気持ちを込めてプレゼントをすることも増えて、ギフト需要が高まります。

職場であれば、今までにお世話になった部署の方みんなにプレゼントをするケースや、逆に部署全体から退職者へのプレゼントをすることもあるでしょう。

一般的にはボールペンやハンカチ、お酒好きの人には高級グラスなどの贈り物が送られるケースが多いようです。

引っ越しシーズン

卒業や退職などが増える時期は、新しい生活がスタートすることも少なくないはずです。
進学や就職、転職などに伴い、一人暮らしを始める人が増えるのもこのシーズンです。

引っ越しに伴い家具や家電、生活用品の需要が高まる時期です。
まとめ買いやセット購入をしやすい導線を作ってあげると、自然とお店側としてはクロスセルが狙えます。

4月

お花見

私も含め、例年この時期を楽しみにしている人も多いと思います。
まだ少し肌寒い時期なので、防寒グッズやアウトドアセット、宴会グッズなどが販売しやすい時期です。

花粉シーズンでもあり、花粉対策商品も販売しやすくなる時期でもあります。
花粉症だと目や鼻に痒みがでて、見た目も悪いだけでなく、仕事にも集中できなくなるため一刻も早く対策をしたいという人も多いはずです。
即納できる商品であれば、お届けまでの日数も明記するようにしましょう。

入学式・入社式

新しい生活が始まる節目の月です。
幼稚園や小学校、中学、大学への進学のタイミングでは親族や親しい友人がお祝いの品を贈ることもあるでしょう。

社会人であれば、新しい環境に合わせた服装や身だしなみを整えるグッズの需要が高まる時期です。
男性ならスーツやネクタイ、革靴、ビジネスバッグなどはこのタイミングで買うことが増えるでしょう。
女性ならパンプス、オフィスカジュアル、A4収納ができるビジネス兼用のバッグなどです。

翌月の初任給のタイミングで、ご両親へプレゼント企画への導線としても効果的です。

5月

母の日

5月の第2日曜日と言えば母の日です。

カーネーションや生花を贈れば間違いなく喜んでくれるとは思いますが、最近ではより実用的なものや嗜好品贈る傾向が見受けられます

例えば、アクセサリーやバッグなど女性向けの商品やバスローブは、母の日のプレゼントには相性が良いはずです。
1年のイベントの中でも、ほとんど全ての人が対象となり、世間でも大きく取りざたされるこのタイミングをものにできるか、できないかは大きな違いとなります。

6月

父の日

前月の母の日に続いて、6月の第3日曜日は父の日です。

一般的に好まれるのはビジネス用品か趣味の商品です。
例えば、ネクタイやビジネスバッグ、ボールペン、ネクタイピン、お酒などが代表例ですが、父の日の贈り物には幅広い商品が対象となります。

キッズ用品店や業界専門店でない限り、この5月の母の日、6月の父の日は、ほとんどのネットショップでイベントを開催するきっかけになるはずです。

7月

ボーナス商戦

ボーナスシーズンはお客さんの心理として、今まで買いたかったけど我慢していたものを買うタイミングです。
私の会社でも7月は他の月に比べて、例年売り上げが好調です。

ちなみに、ボーナスの使い道は
1位から順に貯金、ローンの返済、金融商品の購入、旅行、子供の教育費
という結果になっているようです。

そして、7位に何か形になるものにボーナスを割いているというデータがあります。
その購入品のランキングが以下の通りです。
1位・・・洋服・ファッション関連
2位・・・本・雑誌・漫画
3位・・・家具・インテリア
4位・・・ノートパソコン
5位・・・カメラ・スマートフォン

少なからず各業界で売り上げが伸びやすい時期ですので、商品ラインナップの補強や在庫の欠品などは避けたいところです。

8月

お盆休み(夏休み)

夏休みやお盆休みがあり、帰省や花火大会、海水浴や避暑地への旅行などのシーズンで、一般的に小売業では売上が低迷しやすいと言われている月です。
どうしても行楽シーズンはそちらの出品が膨らみ、ショッピングには目を向けてもらいづらい月でもあります。

今まで購入してくれたリピーターに向けて、”今だけ”感を出した限定クーポンやイベントを打ち出して、売り上げの底上げができるよな取り組みにチャレンジしてみるのも一つです。

普段メルマガだけでのアプローチであればDMを送ってみるなど、いつもと違った施策を打つために時間を使ってみるのはいかがでしょうか。

とは言え、暑さを防ぐためのグッズや、汗や臭い対策の商品は圧倒的に売れやすくなるシーズンです。
特に臭い対策などの買っているところを見られたくないコンプレックス関連の商品は、ネットショップにとっては販売しやすいカテゴリーです。
そのような商品の取り扱いがあるのであれば、このシーズンは全力でお客さんの獲得に力を入れるべきシーズンです。

9月

敬老の日

9月の第三月曜日は敬老の日です。

おじいちゃん、おばあちゃんが主役のイベントです。
日ごろの感謝を込めて、お孫さんからや子供家族からお祝いを贈ることが多いでしょう。

一般的な平均予算は3,000~5,000円と言われており、人気の商品は、「お酒」「お花」「お菓子」「健康グッズ」「洋服や装飾品」「趣味用品(登山、ゴルフ、ガーデニング、釣りなど)」は例年売れやすい傾向にあります。

10月

運動会

最近では10月以外でも運動会開かれることも多くなってきましたが、やはり未だに体育の日がある10月開催で行われる運動会が多いようです。

その際に必要なお弁当グッズやレジャーシートなどのアイテムは売行きが伸びやすいようです。
また、汚れても大丈夫な大きめのバッグや日差し対策グッズの需要も増えてきます。

子供たちの活躍の場である運動会ですが、ターゲットとなるのはお母さん、お父さんとなることをお忘れなく。

ハロウィン

ハロウィンは某テーマパークでも大々的にイベント化しており、都心部の各地でも仮装パレード等が至る所で開催されています。

仮装アイテムはもちろんのことですが、小売店などでもハロウィンの演出や飾り付けをするところが近年増えています。
業者さんや、児童施設、一般家庭の飾り付け用などでも必ず需要はありますので、商品特性に合わせてターゲットを考え直してみるのも良いかもしれません。

乾燥シーズン

これから冬にかけて乾燥シーズンの到来です。
防寒グッズの売上が伸び始めるのも、この時期からです。

加湿器や化粧品などの乾燥対策アイテムは需要が一気に拡大するタイミングです。
空気が乾燥することで、風邪をひきやすくなったり、肌が乾燥しやすくなったり、静電気が多くなったりと悩みが増えやすいシーズンです。

このお悩み解決ができる商品を取り扱っているのであれば、大々的に打ち出して売り上げを伸ばすチャンスのシーズン到来です。

11月

七五三

11月15日は七五三です。
男の子は3才と5才、女の子は3才と7才にそれぞれの意味を持ち、子供の成長を祝う日です。
親しい友人の子供や、親戚の子供が七五三の節目の年に贈り物を送ることもあるでしょう。

実際に贈り物を送る日付は11月の上旬から当日の11月15日までとなるので、そのタイミングには間に合うようにネットショップの運営者としてはスケジューリングをしておく必要があります。

紅葉シーズン

4月のお花見シーズンのように肌寒い時期なので、防寒グッズなどは販売しやすくなるシーズンです。
早いエリアは10月から紅葉シーズンが始まりますが、一般的には11月からが各地で紅葉が楽しめるようになってきます。

お歳暮商戦

お歳暮が届くのは12月ですが、お歳暮選びを始めるのは11月からが多いようです。
個人が近隣やお世話になった職場関係者に贈る場合や、企業間で日頃の取引先に贈る場合のどちらのケースでも一気に需要が高まります。

一般的には食べ物や飲み物が多く、特に企業間での場合には小分けされているものが好まれます。
もしそのようなパッケージがない場合でも、お歳暮用に詰め合わせパッケージや熨斗の用意をして、お歳暮需要を取り込めるようにしてみてはいかがでしょうか。

12月

クリスマス

一年の中でもネットショップ運営者としては力を入れたいイベントの一つです。
恋人同士でのプレゼント以外でも、友達同志でのプレゼント交換で手ごろな価格帯の商品も売れやすくなります。

男性から女性へのプレゼントでは、アクセサリーや花、バッグ、香水、ルームウェア、バスグッズなど女性が好みそうなものが幅広く贈られているようです。
価格帯も年齢や本気度(?)でも変わるので、5,000円未満から50,000円以上と各価格帯で売れ行きが伸びています。

逆に女性から男性へのプレゼントでは、実用的なボールペンなどの文房具やネクタイ、靴、バッグとビジネスシーンで使えるものが多いようです。
その他には財布や家電、お酒などをプレゼントするケースもあるようです。

また、女性同士でのプレゼント交換は3,000円から5,000円程度の価格帯が売れやすい傾向にあります。

まとめ

年間のスケジュールを見据えて、在庫の確保やイベント内容の確認、目玉商品の候補選定、メルマガの事前告知など、あらかじめ前もって計画をしておかないと後手後手で後回しになってしまいがちです。

その結果、かたちだけのイベントとなってしまい効果を感じることができず、次のイベントのモチベーションも下がってしまうといった悪循環に陥ることがよくあります。

上記の日程でのイベントで、あなたのネットショップと相性の良いイベントを2つ、3つでも良いのでピックアップして、そこでしっかり新規ユーザーの獲得からリピーターへ繋げる導線を構築しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です